【リアルタイムシグナル戦略一覧】

システムトリオ

オールラウンダー戦略

複数のロジックで構成されており、さまざまな時間軸での取引を行う戦略です。

【システムスペック詳細】

【実績】

【直近の取引履歴】

【月別収益】

※上記の利益額は、対象銘柄となる日経225miniを最少枚数で取引した場合の金額を記載しています。

※将来の運用成果を約束できるものではありません。

【トレードマスターラボの見解】

システマティックトレーダーの日中寄り引け、オーバーナイト、1dayトレードをMixさせ、複数の戦略でリスク分散している点は運用し易い。足並みそろえて崩れることもあるので、リスクは単純な寄り引け等よりは高くなる。

総収益 +5,684,245円(集計期間:2015年/9/2~2017/1/23)取引回数 449回

【ロジック開発者プロフィール】

  • ■名前

    225システマティックトレーダー [40代・男性]

  • ■トレード歴

    12年

  • ■経歴

    FXのEA開発からスタートし、12時間後のレートを予測するシステムを構築する。
    また、TIIlimというインジケーターを開発して、相場が大きく動いた時にほぼ必ず利確できるシステムも開発する。
    しかし相対取引ゆえの不透明さに嫌気がさし、日経225のシステム開発に転換。
    一般的なインジケーターを一切使用しない独自のシステムを開発し、パラメーターの研究に没頭する。
    現在まで50以上のシステムを開発し、第三者にも使っていただいて実績を積んできた。
    ロジックも何回かブラッシュアップし、トレンド相場でもレンジ相場でも比較的負けの少ないシステムをいくつか開発してきた。
    自分でもフォワードを重ねながら更にブラッシュアップし、その中のいくつかを上梓してきた。

  • ■システムの概要

    ・基本ロジックは過去のボラティリティを測り、現在の動向を予測するシステム

    日中の相場のと前日夜間相場のボラティリティー(価格変動差)に着目して構築したシステム。テクニカル指標などを利用した一般的なシステムとは一線を画すロジックで売買サインを出します。

    ・異なる3つのシステムを複合させてより高いパフォーマンスを目指します。

    1つはデイ寄り引け、2つめは寄り建て夜間引け決済、そして3つめはオーバーナイトです。どれか1つのシステムの調子が落ちても、他の2つが補完する、あるいは2つのシステムが劣勢でも残りの1つのシステムがパフォーマンスを高める、という期待が持てます。

    ・複数のロジックで構成されるポートフォリオシステム

    3つ、それぞれ異なる切り口でサインを生成させているので、3つとも劣化するということはあまり考えなくてもいいと思います。トレンド相場に強いシステム、レンジでは逆張りを発揮するシステム等、それぞれの特長で相場を乗り切っていきます。

  • ■戦略のポイント

    ・デイ寄り引けと寄り建て夜間引け決済(終日トレード)のサインが相反することも少なからずあります。つまり寄り付きで、デイは買い、終日は売り、そしてオーバーナイトは買い、ということもあります。このようなサインでエントリーすることによって、デイは勝ち、終日は負け、オーバーナイトは勝ち、ということもあり得ます。その意味ではバランスの取れた3つの組み合わせだともいえます。

  • ■戦略のアドバイス

    3つの組み合わせなので、必然的に2枚建てになります。しかし最大ドローダウンも‐850円なので、ある程度資金管理をしていただければ大きく崩れることはないと思われます。

  • ■戦略の実績

    2ヶ月間の寄り引け、ナイトの先行配信にて2ヶ月で+2,000円値幅を獲得。

  • ■その他開発戦略

    「トレンドバリュー」「225ナイトビバーチェ」など